VOLVO XC70 2.5T ワンオーナー記録簿付き

  • 2017年7月 2日(日) 21:59 JST
 SOLD OUT
 訳ありまして、4万円プライスをアップします!何故プライスアップしたか?
 面白いからくりがありました!( ヒントは、一番下の写真!) 
 詳しくは有能な営業マンに、お聞きください。
 92万円  
税込993,600円)
■年式/2004年  車検/2年付  走行/36,000km  色/ゴールド  排気/2.52L  ドア/5D


■装備   フロア式オートマチック フル装備(AC・PS・PW・CS等) エアコン パワステ パワーウィンドウ CD アルミ サンルーフ・ムーンルーフ ABS 本革シート エアバッグ テレビ・ナビゲーション 記録簿 パワーシート 修復歴無  装備マークの説明はこちら
T-WORKSの定番になってしまったVOLVO XC70クロスカントリー
変な話ですがT-WORKSが、VOLVOの販売をなぜ継続するかと言うと............
まず、プロの僕達も一般のユーザーと同じ目線で輸入車を見ていて、故障が少なくメンテナンスしやすい車を選ぶのです。

ここからは、勝手に僕が毎日の実務で勝手に感じ取った独り言です。
決して自衛隊の方達は賛同しておりませんのであしからず..........

例えば、T-WORKSがめっぽう販売しなくなったメーカーがアウディです。
実際に故障が出ない新車に近いアウデイをお乗りの方は経験なされていないかと思うのですが、アウディだけではなく他のメーカーでも故障&消耗パーツが発生はすることは同じですが、例えばテールライトが球切れしてメーター内に警告灯が点滅したとします。
当然、球を交換してOK!なんですが、アウディは違います!
球を交換しても車のコンピューターが、球が切れていた事を記憶しているのでディーラーへ持ち込み専用テスターで消込をしていただかなくてはなりません..............この時点で僕の中でアウディは拒絶反応&じんましん(笑)
アウディについては、もう一つ決定的なアクシデントがありました。

下取り車で入庫した、2009年、ワンオーナー、A4アバントクワトロ、屋外ガレージですがボディカバー2枚かけて保管する位大事に乗った3万kmでしたが、ミッション不具合でディーラーから来た見積書が100万円!

僕がアウディ嫌いになった理由です。

とかく、輸入車などの高級車で見かけるケースで新車販売にウエイトを置きすぎている会社の体制でよく見かけるケース。
サービスでも全てメーカー側でユニット交換方式を取り、ガッポリと儲けるのだ!
そんなところとは、商売であっても御付き合いの回数が少なくなってしまうのは事実であろう。
アウディさんは、新車だけ買えるお上品な御客様だけをお相手くださいって感じかな!

話は、壊れない、壊れにくいVOLVOへ戻ります。
あとは、他のメーカーと圧倒的に異なるのが、VOLVOを売るにも買うにもユーザー層がとても良い方々が多いいと言う事なんです。
それと意外にヴァナゴンにも通じるマニアックだったりして..........
そして、ほぼお目にかかれなくなった
「ワンオーナー!実走36000km!」
過去の整備記録簿も全ての車検分あり(9枚)
高価すぎる6万円?の、スペアキーもちゃんと用意されています。

これも個人的にですが、ボディカラーと内装カラーの組み合わせとしては、僕のベストは今回の組み合わせなんです。
簡単に言うと、ベージュの外装にベージュの内装!
念のため、自衛隊の方々は賛同してませんのであしからず...........

追伸...............
同年式2004年、走行44000km ブラックの素晴らしいコンデションのXC70も入荷した事は、まだみんなには内緒にしてあります(汗)
お問い合せ/横浜店  Phone:045-831-2310  
お見積もり等の詳細についてもお問い合せ下さい。































 

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.t-works.info/trackback.php?id=20170702215936591
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。