91y VW VANAGON GL

  • 2017年8月10日(木) 18:28 JST
 ASK万円 (税込み 円)
■年式/1991年  車検/平成30年8月11日  走行/228,589km  色/コンツートン  排気/2.1L  ドア/4D


■装備   フロア式オートマチック エアコン パワステ 修復歴無  装備マークの説明はこちら
この子は、まるでゴミ捨て場に使い捨てられたブリキのオモチャでした。
パーツ取りにしようか?
とことん面倒を見ようか?
T-WORKSは、迷いました.........

そして、とうに人生の折り返し地点を過ぎた58歳になった自分と置き換えました。
次から次へと、古い物が捨てられ新しい物に変えてしまう世の中に、性格の悪い僕は、古い物を大切にする「再生」に踏み切りました。

ゴミ箱入りに、最大の決定打となったエンジンのオーバーホールからスタート!

おそらく、この車がしゃべるとしたら「僕の自慢は、ピカピカにオーバーホールされたエンジンだ!」と、自信タップリにしゃべるだろう!

よく見かける車屋さんのコメントだが「エンジンオーバーホール済!」
非常に説得度のあるコメントですが、僕に言わせれば次の事を明確に自信を持って付け加え書いて欲しい。
1、エンジンオーバーホールをした日時
  (30年近く前の車なんだから、走行距離が増えれば当然オーバーホー
   ルしているでしょう。問題はいつしたかです!)
2、エンジンオーバーホールした際に、構成パーツ(例えば水回りのホース
  などは交換したのかがT-3の場合は肝心だ)       
3、肝心なのは、エンジンオーバーホールした工場名&分解整備記録簿が
  存在するのか?
  
今回のドナドナT-3の、オーバーホールは先月の7月に行っており、
水回りのホースを変え、分解整備記録簿も有りございます。

そして、いつものようにボデイ窓枠のメッキモールはガラスを脱着して全て交換済みです。

高騰しすぎるヴァナゴンの価格ですが、チョット辛口一言!

僕達T-WORKSのヴァナゴンの価格は、日本国内でも一番を争う位の高値を維持してます。
それには今まで当社のコメントで、コンコンと僕達が書き続けてきた納車整備のぎっしり書かれた分解整備記録簿内容を書き込む事の出来る、裏方の存在メカニック達の、裏の取れる努力の現れです。

それでも、T-WORKSが行った努力は100%ではなく、御契約時には必ず「30年も前の車ですから、壊れますよ!」と、念を押し了承を得てから御契約書を頂いています。

残念な事に、このヴァナゴンの高値高騰に便乗してくる輩が増えつつあるのも事実です。(裏の取れない過去の整備や、小手先だけのメンテナンスをコメントにして.......)
それにより、これからは被害者も増えるのではないでしょうか?
購入する、購入しないの判断は本人がするものです。
くれぐれも勢いとノリで、購入せず冷静に判断してください。
オレオレ詐欺に引っ掛かっている御年輩を、はたから見ていて分るでしょう!
ヴァナゴンを利用した心無い売り手、撲滅キャンペーン&交通整理など、どなたかにお願いしたいものです(笑)

今回T-WORKSは、久々にお安く最低限の価格で、最高限のメンテナンスをほどこし、御納車できるよう努める所存でございます。
価格決定は、しばしお待ちを!

追伸.............
T-WORKSの最新情報は、Facebookより御覧になってください!



































 
お問い合せは T-WORKS 045-831-2310 まで!

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.t-works.info/trackback.php?id=2017081018285255
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。