早くも納車!E350クーペ AMGスポーツパッケージ

  • 2009年9月 6日(日) 14:55 JST
かっこいい!っとつい言ってしまう

なんといってもスタイルがいいですね!

このレアなクーペを、御買い求めいただいたお客様は、なんと当社で先月奥様にポルシェカイエンSを購入していただいたばかりの方で、なんともバブリー!



第22回横浜港ボート天国に、選手で参戦!

  • 2009年8月17日(月) 13:38 JST


昨年の、21回ボート天国は、悪天候に見舞われほぼ全員がフルスーツ状態なのに鎌倉勢はトランクス一枚と無謀な一日だったけど今年は晴天にみまわれた。スタンドアップパドルの出場選手は20名位、ウインドサーフィン勢はたくさんいたけど今年のパドボーグランプリで優勝したカイトサーフィンのプロ村林 知安君、ウインドサーフィンプロの永松 良章も出場していたんで、御遊び気分ではないぞと、鼻息バフバフ!

NEW Eクラスクーペ デビュー

  • 2009年8月 9日(日) 09:58 JST

先日デビューしました”Eクラスクーペ”スタイルは美しいの一言ですグリルに埋め込まれたスリーポインテッドスターはクーペに一番似合います!

早速 ”E350クーペ AMGスポーツパッケージ ”ご注文いただきましたお客様がいらっしゃいますありがとうございました!



 

速報!第4回 パドボーグランプリ!

  • 2009年5月25日(月) 11:47 JST
僕の日ごろの行いのせいなのか、ぐずついた天気ではありましたがパドボーのお祭りが行われた。
エントリーは、毎回出場の面々に加え、御前崎のウインドサーファーの方たちがかなり参加していたようでエントリー人数は100名と盛大だった!結果は、入賞者のほとんどがウインドサーファーがしめていたかもしれない。
念願の50才以上の優勝トロフィーは、見事僕が獲得できました!今回獲得できなければ来年はまた新しい50才になるモンスター50才が現れるため、結構必死で望んだ結果だった。!多分、総合順位でもかなり上位になっていたと思う。

NEW Eクラス 5月下旬発売!

  • 2009年5月23日(土) 22:37 JST
NEW E-Class  7年ぶりにフルモデルチェンジ!

6月2.3日にパン パシフィック 横浜ベイホテル東急 クイーンズグランドボールルーム(B2F)にて発表会が行われます。
時間は10:00~20:00

右ハンドルの試乗車はこの時にしかご試乗できないようです。

ご期待ください。

スペシャルサイトは
こちらから

フォルクスワーゲン シロッコ デビュー!

  • 2009年5月23日(土) 21:38 JST
とうとう出ました シロッコという名の復活です!


低排気量でありながらDSGミッションとの組み合わせによりパワフルかつ燃費向上が両立できたこの走りとデザインに魅了されてしまうこと間違いなし!

詳しくは
こちらから

第4回目になるパドボーグランプリ!

  • 2009年5月15日(金) 17:05 JST


僕が、47才の時に始まったパドボーグランプリが4回目を迎える。5月24日(日)。由比ガ浜海岸。おかげさまで、今年も当社はこのパドボーグランプリに協賛することが出来ました。皆様のおかげです。1回目のパドボーグランプリは、逗子マリーナよりの材木座の端でスタートしたのに毎年じょじょに由比ガ浜中央に近づき、今年はほぼ中央で開催される。出場選手誰もが手に入れるために必死になるのは入賞者のみに与えられるオクダスタイル、サトルサンのハンドメイドのパドルトロフィー!今年は、31個と言う数を用意してくれた。奇跡的にも当社のショールームにも一つだけ飾られている。当社のナツミが2006年に行われたグランプリで入賞したのだ。今年は、僕にも勝算あり!年齢別のクラスで50才以上の入賞狙い!当社2つめのパドルトロフィー獲得なるか?(間違えなくヤフーオークションに出したら高値が付くかも?)
レースは、大きく分けると4種目で何と早朝4時30分からエントリーし始めるパドボーフィッシング、パドボーマラソンの心臓飛びだすレース、目印のブイを回る時に格闘技になりかねないスラロームレース、最後に不服なんだがプロも参加のウェーブです。入賞狙うには全部のレースに参加しなくてはならないので、当日は3時起床?(苦)会場には 『T-WORKS』のテントもありますので、是非御時間の取れる方は遊びにいらしてください。体験パドボーなど色々な催し物がありますので、楽しめますよ。
           
      

生まれて初めてのキャンプ!

  • 2009年5月 7日(木) 17:46 JST
                
 
ちょとした連休を過ごすとき100%と言っていい位に、海辺で過ごした僕にとって初めて山でキャンプなどにトライした!結果から言うとキャンプ素人にしては、なかなか良いものだった。早起きの僕は一人きりで、まだ人っ子一人として目覚めていないキャンプ場で焚き火で御湯を沸かし持参のコーヒーを飲んでいると、早朝の海岸とは違い、鳥たちの喉自慢大会が楽しめるが、これが山の音響効果もあって最高!それと以外に奥深いのが『焚き火』で、何と言っても最初の火付けのきっかけ作りは乾燥した松ノ木の葉が最高!最初のうちはキャンプ場施設からマキを350円で購入していたんだけど、なんとなくつまらなくなり山に乾燥して転がっている小枝や木を物色しながら探しに出かけ、ちょうどいいサイズに折って、いかに、焚き火にとっていい環境を作るか試行錯誤するのが楽しい。(キャンプ後半は、自称焚き火マニアになっていた。)
                 
 
料理では、分厚いステーキ、スペアリブなんか、焼くだけなんでたいした感動はないんだけど、感動したのが飯ごうで炊いたお米が最高にうまかった。これも奥が深く、微妙な水の量、火加減、ひっくり返して蒸すタイミングが難しい。3度目で、感動の御米が立っている御飯にありつけた。夕方の暗くなってからの作業に便利だったのがなんと、オクダスタイルで購入したライト付きの帽子だった。明かりの少ないキャンプ場での作業は、みんながうらやましがっていた!残念だったのが、早朝などの湖で遊ぶパドボ^-を持っていかなかったことだった。本当は、パドボーの大会も近いので強化合宿にすればよかった。5月24日と近づいた大会に向け早朝トレーニングにハゲまなくては・・・・・・。

                

ご無沙汰しております。

  • 2009年4月30日(木) 20:40 JST
 Tytyです。
 

いよいよ、発売!注目のNEW GOLF

  • 2009年4月13日(月) 13:14 JST
   
一足お先に今週末正式発表されるNEW GOLFを品川のフォルクスワーゲン品川(ヤナセ)のショールームに、御呼ばれされ拝見してまいりました。最初に、ここのフォルクワーゲン品川のスタッフは最高のスタッフなのを御紹介します。ほとんどのスタッフが、もちろんヤナセの社員なんですが、ヤナセ内での前職が異色!セールス経験のまったくないセールスマンが多くメカニックの方だったり、ヤナセ商事で洋服を売っていた方だったり、何と言っても名物親方がいて前職はヤナセの雪上車&圧雪車を販売していた佃課長は見物の価値有り!(上野動物園のパンダ見物気分で見に行ってください!間違っても餌を与えないでくださいね!)要するに国産車の営業マンみたいにトッポイく、セールス慣れした感じがなく一生懸命感がものすごく感じられます。(僕も見習わなくては。)サービスフロントの加藤さんも、見た目は任侠映画で菅原文太の子分みたいに怖そうな見かけだがなんともソフトで、『この人なら自分の車のメンテナンスを任せられる!』感覚が沸きます。スタッフを持ち上げるのは、この位にして、本題に入ります。
  
まずは、嬉しかったのが、全ラインナップに装着されたDSGミッション!このミッションのおかげでコンパクトカーで世界イナンバーワンの位置づけ間違えなし。何と言っても市街地でリッター13km、遠方地に行くと20kmの燃費を稼ぎなおかつ1400ccなんで自動車税が年間34500円と嬉しい!とどめは、シングルターボのコンフォードラインで122PS、ツインチャージャーのハイラインだと160PSのパワーがあり、ハイラインのパドルシフトがまた楽しくエンジンブレーキをかけるためにマイナスをシフトすると自動的にエンジンが空吹かししてくれてクラッチをあわせてくれる。失礼ながら70歳くらいのおじいちゃんが運転していてコーナーリング手前でマイナスシフトを2回押すだけで、まるでF1ドライバー(悪く言えば走り屋)の走りをするんですよ!外装は、洗礼され各ドアのアウターハンドルに重圧感が出たこと位で全体的には前GOLFのシルエットを残していると思う。御存知の方もいらっしゃいますが、当社が販売するVWは全てフォルクスワーゲン品川から販売いたします。横浜には、ヤナセVWの拠点がまだありません。計画はもちろんあるらしいのですが、考えてみても横浜にヤナセVWが現れたら脅威に思うディーラーさんが存在するためで、お客さんとしてもYANASEの黄色とブルーのステッカー付きを欲しがるのは当然だと思う。忘れて欲しくないのが、現在の日本でのVW市場は、ヤナセの現場の方たちの苦労を忘れたくない。(もちろんVW社にトヨタなどを紹介したのは先代のヤナセ社長だが・・・。) 気になるモデルを続々と発売するVWだが、ポロのニューモデルは排気量1200ccでDSGミッション付きだと言う、過給器が付いていればそこそこのパワーがあり、消費燃費はリッターあたり20kmが市街地で稼げるんでは?(ペラペラボディで走りが楽しくないプリOス&インOイトは必要ありません。落ち葉マークを標準装備にしては?)
最後に、僕も期待しているシロッコ!先代のシロッコは、独身貴族の憧れでした。スタイリングが楽しみ!出来れば花のないデザインのVWに、遊び心が欲しいものだ!(でも、今の僕にはツインカム16V時代のVW GOLF GTI のマニュアルミッションが、貧乏臭いが実に楽しく通勤に使っております。)